スポンサードリンク

 

 

伊達政宗の辞世の句

伊達政宗

伊達政宗 享年70

 

誰もが知る「独眼竜」

 

生誕 1567年9月5日(永禄10年8月3日)
没年 1636年6月27日(寛永13年5月24日)

 

スポンサードリンク

人物年表

1567年(永禄10年)
8月3日、米沢城に生まれる。父は伊達家16代当主輝宗。母は山形城主最上義守の娘・義姫。

 

1571年(元亀2年)
疱瘡(ほうそう・天然痘)を患い右目を失明。独眼竜の出来上がり(笑)。

 

1577年(天正5年)
11歳で元服。藤次郎政宗と名のる。

 

1579年(天正7年)
三春城主田村清顕(きよあき)の娘・愛姫(めごひめ)と結婚。

 

1581年(天正9年)
隣国の大名・相馬氏との合戦で初陣を飾る。

 

1584年(天正12年)
18歳で家督を相続し、伊達家17代当主となる。

 

1585年(天正13年)
父輝宗が畠山義継に拉致られる。
政宗は父もろとも義継らを一人残らず撃ち殺す。父殺しの陰謀説あり。
その後、父の弔い合戦と称し、畠山氏の居城・二本松城を攻めるが、佐竹・蘆名連合軍に襲われ窮地に陥る。
殿(しんがり)を務めた鬼庭左月斎(鬼庭良直)の捨て身の活躍により窮地を脱する。(人取橋らの戦い)
翌年、二本松城を攻め落とす。

 

1589年(天正17年)
会津の蘆名義広を磐梯山の摺上原で破る。(摺上原の戦い)。
さらに二階堂氏を滅ぼし、奥州の覇者になる。弱冠23歳。

 

1590年(天正18年)
豊臣秀吉から小田原参陣を命じられる。
2ヶ月も遅れて小田原に到着する。
怒り狂った秀吉から伊達家を守るため白装束を身にまとい、金箔を貼った十字架を背負って出向く。
これが功を奏し、秀吉に気に入られる。あっぱれ策士♪(笑)

 

1593年(文禄2年)
朝鮮攻めに参加(文禄の役)。
慶長の役には参加していない。

 

1600年(慶長5年)
天下分け目の関が原の戦いが勃発。
西軍の上杉家重臣直江兼続軍と交戦中の最上氏に援軍を出す。
鬼庭左月斎の嫡男茂庭綱元が上杉領刈田郡湯原城を攻略。

 

1601年(慶長6年)
仙台城を築城し居城を移す。
伊達政宗を藩祖とする仙台藩の誕生。
石高62万石は、加賀・前田家、薩摩・島津家に次ぐ全国第3位とされる。
ちなみに前田家120万石、島津家77万石。

 

1614年(慶長14年)
大阪冬の陣に従軍。和睦後、外堀の埋め立て工事をする。

 

1615年(慶長15年)
大阪夏の陣に従軍。
道明寺の戦いで「黒田八虎」の後藤基次を撃破。
さらに真田信繁(幸村)軍と激突、苦戦の末、双方兵を引く。
政宗はこれ以上の損害を恐れ深追いはしなかった。
このため信繁(幸村)は「関東勢百万と候ど、漢たるは一人も無きに見えにし候」と嘲笑したという。
つまり、「弱虫めッ!」とバカにされた。

 

1636年(寛永11年)
参勤交代のため江戸に向かい、その後江戸の屋敷にて死去。享年70。
死因はがん性腹膜炎か食道がんと推定される。

どんな人物だったか・死に至った経緯

 よく「もう少し早く生まれていれば天下を取ったのは伊達政宗だ!」といった意見も聞くほどの人物。
料理が趣味だったようで、
「馳走とは、旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理してもてなす事である」という言葉を残している。
また遺訓として、
「朝夕の食事は、うまからずとも褒めて食うべし。元来客の身になれば好き嫌いは申されまじ。」
という言葉も残していて、食に関するこだわりを感じる。

 

 2代将軍徳川秀忠、3代将軍徳川家光の頃まで仕え、家光が参勤交代制を発布した際、
「命に背く者あれば、政宗めに討伐を仰せ付けくだされ」といち早く進み出た。
この時かなり体調が悪かったようで、死を覚悟して江戸に向かったようである。
その後、江戸の伊達家上屋敷にて死去。享年70。

辞世の句

 

「曇りなき 心の月を さきたてて 浮世の闇を 照らしてぞ行く」

個人的な所感

 個人的にかなり好きな武将です。
ホントに早く生まれていたらどうなっていただろうと想像を膨らます事もあります。
自分が光になって闇を照らすから、みんなあとについて来い!
と言わんばかりな感じがまさに伊達男。←誤用(笑)

 

 ちなみにこの「伊達男」という言葉は、伊達政宗がイケメンだったからではなく、
文禄の役の際、政宗が伊達家の部隊に用意した戦装束がとても派手で豪華だった事から、
派手な装いを好んで着る人を「伊達者(だてもの)」と呼ぶようになったそうです。
あなたは伊達者ですか?
僕は小伊達者かな...(笑)。

 

 

スポンサードリンク